先輩メッセージ

MESSAGE

循環器科・脳神経外科病棟/4年目

Rさん

循環器科・

脳神経外科病棟/4年目

出身:茨城県鹿嶋市

高校3年の看護体験で小山記念病院を知って

地元が鹿嶋なので、学生の頃から小山記念病院のことは知っていました。就職先として考え始めたのは高校3年の看護体験をしてからです。将来、看護師を目指す人を対象にいくつかの病院で看護体験が行われていて、私が参加したのが小山記念病院でした。その時に奨学金制度を知ったことや、説明会で人間関係が良いと聞いたことで入職を決めました。

奨学金制度   #良好な人間関係

小山記念病院 看護部

新人さんの“身近な相談相手”として

小山記念病院は脳神経外科医と循環器科医が救急隊や地域の医療機関と24時間ホットライン(直通電話)における対応をしているため、忙しい病棟です。でも、入職理由の通り人間関係が良好な職場で、みんなでフォローし合いながら良い雰囲気の中で仕事ができます。そろそろ中堅になるので、リーダー業務に慣れ、病棟全体を見れるようになれたらと思っています。

 

そして、今年から新人さんの教育担当(プリセプター)となり、人に教える難しさとやりがいを実感しています。先輩方も新人教育にとても協力的で、プリセプターでなくても新人さんが困っていると声をかけてくれたり、丁寧に指導してくれます。シフトの関係で、プリセプティーとプリセプターがいつも一緒にいるわけではないので「みんなで新人さんを育てよう」という雰囲気があることは、新人さんにとっても安心だと思いますし、プリセプターとしても心強く感じています。

 

私が指導する上で心がけているのは、最初から全てを教えるのではなく、新人さんと一緒に考えていくことです。「患者さんはどうしてこれをやっていると思う?」など、問いかけながら、新人さんの考えを聞き、一緒に解決していきながら覚えていってもらえたらと思っています。入職1年目は学生の頃とのギャップを感じやすいですし、“何もできない”と自信をなくしてしまう人も多いので、一緒にご飯に行って話を聞いたり、精神面のフォローも意識しています。私も看護師としてまだまだ勉強中なので、偉そうなことは言えませんが、新人さんの“身近な相談相手”になれたら嬉しいですね。

プリセプター制度

小山記念病院 看護部

何気ない会話が患者さん・ご家族のためになっていた

脳梗塞の患者さんがリハビリ目的で転院することになった時に、ご家族の方が「転院先の施設がどんなところなのか不安」と話されたことがありました。私の祖母が以前その施設に入院していたので、施設の雰囲気をお伝えしたり、少しでも安心して退院してもらえたらと思ってコミュニケーションをとっていたところ、退院の日には感謝の言葉が綴られたお手紙をいただいたことがりました。本当にうれしくて、今でもたまに読み返したりします。何気ない会話1つが患者さん・ご家族の支えになることもあると学んだ経験です。

海外旅行に行くことが、毎年の楽しみ!

普段は仕事の疲れをとるために、家でゆっくりしたり、マッサージに行ったり、友人と出かけてリフレッシュしています。

連休の時には海外旅行に行くこともあります。去年はベトナムに行ってきました!4年目からリフレッシュ休暇をいただけるので、今年はハワイに行ってきます♪