先輩メッセージ

MESSAGE

地域包括ケア病棟 主任補佐/11年目

Aさん

地域包括ケア病棟

主任補佐/11年目

出身:千葉県銚子市

「この寮に住みたい」と直感で決めた

社会人になったら一人暮らしをしたい、という思いがありました。友人の勧めで病院見学に来た時に、寮も見学し「この寮に住みたい!」と思い、入職することを決めました。それくらい私好みの外観・内装で、セキュリティも充実していて綺麗な寮でした。奨学金制度や入職時支度金制度を利用させてもらい、新生活の準備もスムーズにできました。

職員寮  #奨学金制度  #入職時支度金

心機一転、地域包括ケアを勉強中!

入職して11年目になりますが、10年間は脳神経外科・整形外科病棟の配属で、昨年、地域包括ケア病棟に異動したばかりなので、地域包括ケアについて学んでいるところです。当院は、研修の参加や資格取得に対するフォローがとても手厚く、私も地域包括ケアに関する外部研修に参加しました。

 

急性期病棟と地域包括ケア病棟では、求められる看護が異なります。急性期病棟からの転棟や他病院から転院した患者さんに対して「ご自宅へ安心して帰っていただけるよう支援する」のが地域包括ケア病棟の役割。臓器・疾患別ではなく、さまざまな疾患・障害をもった患者さんが入院されるので、幅広い知識が必要だと感じています。患者さんが笑顔で退院されるためには、入院中の治療やリハビリは当然ながら、退院後の生活を考え、ご自宅の環境を整えたりすることも重要になります。小山記念病院は、同じ病棟内だけではなく、部署や職種に関係なく、フランクなコミュニケーションがとれる環境なので、それは患者さんに質の高い医療・看護を提供することにつながっていると感じています。

スキルアップ支援制度 #良好な人間関係

患者さん・ご家族に教えてもらった「寄り添う」ことの大切さ

自立して点滴や注射などの医療行為ができない新人の頃に、私でもできるはないかと考え、患者さんのベッドサイドで爪切りをしたことがありました。その翌日に、ご家族から感謝の言葉が綴られたお手紙をいただいたことがあります。看護師の仕事は医療行為をすることだけではなく、患者さんの日常に寄り添うことが基本であり、大切なことなんだと実感したエピソードです。

職場の同僚や先輩と仲良しです。

毎年夏には、職場の先輩や同僚と家族ぐるみで集まってBBQが恒例行事。 主催は毎年私です(笑)

休日にも会いたくなるような仲間に出会えたことに感謝です。

VOICE

先輩メッセージ

“看護が楽しい”そう思える日々

循環器科・脳神経外科病棟/1年目

出身:茨城県鹿嶋市

心機一転、地域包括ケアを勉強中!

地域包括ケア病棟 主任補佐/11年目

出身:千葉県銚子市

母性が育まれる過程に携われる喜び

産婦人科病棟/1年目

出身:茨城県つくば市

鹿行地域の医療を担っている病院

脳神経外科・整形外科病棟/14年目

出身:茨城県鹿嶋市

新人さんの“いちばん身近な相談相手”として

循環器科・脳神経外科病棟/4年目

出身:茨城県鹿嶋市

患者さんが納得して一歩踏み出せるように

外科・乳がん看護認定看護師/9年目

出身:福島県

WORK STYLE

働く環境と、生活する環境

ワークライフバランス

職員寮

子育て支援

koyamakinen_logo.png

看護部

〒314-0030 茨城県鹿嶋市厨5-1-2

TEL.0299-85-1111(代)

Copyright © Koyama Memorial Hospital. Allright Reserved.

本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。