先輩メッセージ

MESSAGE

産婦人科病棟/1年目

Nさん

産婦人科病棟/1年目

出身:茨城県つくば市

助産師としても、看護師としても一人前になりたくて

小学生の頃、いとこの誕生や曾祖母の他界を経験した時に、看護師の母が「病院には亡くなっていく命もあるけど、新しく産まれてくる命もあるんだよ」と教えてくれて、その時に助産師という仕事を知りました。それからずっと助産師になることを目指していて、高校3年の時に小山記念病院の奨学金制度を知り、今に至ります。当院は、産科と婦人科をバランスよく経験できる病院なので、助産師としてだけではなく、看護師としても成長できる環境であることも魅力だと感じています。

奨学金制度  #周産期医療

心強い環境の中で成長できる

現在は、分娩係として分娩進行中のケアや分娩介助などを先輩のフォローを受けながら行っています。陣痛中は険しい表情をする方が多いのですが、赤ちゃんが生まれると表情が一変し、女神のように穏やかな表情をされるんです。何回分娩に立ち会っても、毎回、感動しますね。出産という一大イベントに携われることは日々のやりがいにつながっています。まだまだ緊張する場面も多いのですが、先輩がこまめに声をかけてくれたり、アドバイスしてくれるので心強い環境の中で成長することができます。

 

小山記念病院は研修の補助が手厚く、研修費、交通費を全額補助してもらえます。入職1年目の私でも、さまざまな外部研修に参加することができました。やはり学校で学んだ知識と実際の臨床で必要な知識には差があるので、入職後に学ぶチャンスが多いのはとてもありがたいことだと思います。今は業務を覚え、こなしていくことに必死な日々ですが、妊産婦さんやご家族に寄り添い、安心を与えられる助産師になることが目標です。

新人教育  #スキルアップ支援

母性が育まれる過程に携われる喜び

妊婦さんの中には、なかなかお母さんになる心の準備ができない方もいらっしゃいます。出産に対する不安を傾聴したり、「赤ちゃんに話しかけてみよう」など意識して声かけを続けていく中で、少しずつ母性が育まれていく過程に寄り添うことありました。出産後、赤ちゃんを見て「かわいい!」と喜ばれている姿を見ると、出産前の関わり方が少しでもお役に立てたのかなとうれしく思います。そして何よりも赤ちゃんがもつパワーの大きさを実感しましたね。

東京に出かけてます!

休日の半分は東京に出かけて、学生時代の友人と会っています。

学生の時も茨城から都内に通学していたので、2~3時間の移動は慣れています。 鹿島神宮駅から東京駅まで高速バスが出ているので、都内に出るのも苦ではないですよ。

VOICE

先輩メッセージ

“看護が楽しい”そう思える日々

循環器科・脳神経外科病棟/1年目

出身:茨城県鹿嶋市

心機一転、地域包括ケアを勉強中!

地域包括ケア病棟 主任補佐/11年目

出身:千葉県銚子市

母性が育まれる過程に携われる喜び

産婦人科病棟/1年目

出身:茨城県つくば市

鹿行地域の医療を担っている病院

脳神経外科・整形外科病棟/14年目

出身:茨城県鹿嶋市

新人さんの“いちばん身近な相談相手”として

循環器科・脳神経外科病棟/4年目

出身:茨城県鹿嶋市

患者さんが納得して一歩踏み出せるように

外科・乳がん看護認定看護師/9年目

出身:福島県

WORK STYLE

働く環境と、生活する環境

ワークライフバランス

職員寮

子育て支援

koyamakinen_logo.png

看護部

〒314-0030 茨城県鹿嶋市厨5-1-2

TEL.0299-85-1111(代)

Copyright © Koyama Memorial Hospital. Allright Reserved.

本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。